【職員採用情報】児童家庭支援センター社会福祉士

May 8, 2020

 

横浜市から横浜型児童家庭支援センターの鶴見区運営法人の選定を受け、

「こども家庭支援センターつるみらい」を開設しました。

 

感染症拡大の影響により、外出自粛及び学校休業の長期化、自宅待機を余儀なくされている子どもたちや保護者に様々なリスクが高まっていることが懸念されています。

 

そのリスクに対応していくため、ますます私たちの取り組みが重要になっていきます。

 

共にこの難局を乗り切る仲間を募集します。

 

NPO法人サードプレイスは、横浜市鶴見区で子どもたち(主に学齢期)に対し、居場所づくり、学習支援など、区内の団体ネットワークづくりやアドバイザー事業などをおこなってきました。

サードプレイスの活動内容はコチラをご覧ください。

 

 

すべての子どもたちに「頼れる大人」が身近にいる地域をつくることを目指し、鶴見区内の子どもたちの居場所づくりや大人たちのサポートをおこなっています。

 

 

【応募エントリー方法】

ご興味ある方はぜひ一度お問い合わせ先にご連絡ください。

 

〇お問い合わせ先

thirdplace.tsurumi@gmail.com(担当:須田)

 

求人情報

〇募集職種 

社会福祉士(相談支援職・子育て短期支援事業)

 

〇業務内容

・相談支援:電話、来所、訪問による相談。夜間や休日の対応もあり。

・ソーシャルワーク:地域資源をネットワーク化し家族を支える環境づくり。

・アウトリーチ:家庭や関係機関を積極的に訪問。

・ショートステイ、トワイライトステイ:短期間、夜間までの一時預かり。

・社会的養護の制度を利用する子どもや家族の支援:里親支援・自立支援など。

・連携:児童相談所や区役所と連携し、虐待予防などの活動をおこなう。

・子どもや若者の居場所運営

 

〇求めるスキル・経験

・相談援助をおこなうための対人援助技術を有していること

・困りごとを抱える子どもたちとのコミュニケーション

・Word、Excel、PowerPointなどのオフィス系ソフトを活用できること

・法人が導入しているシステム(情報管理、会計など)を活用できること

 

〇求める人物像

・児童家庭支援センターの業務を通して鶴見区内の社会課題解消に意欲のある方

・子ども若者分野のソーシャルワークの経験、関心がある方

・地域のさまざまなステークホルダーとのコミュニケーションを楽しめる方

 

〇勤務地 

横浜市鶴見区

京急鶴見駅徒歩3分 JR鶴見駅徒歩5分

 

〇勤務時間 

主に10:30~19:30
子育て短期支援事業を利用する子どもに応じて、遅番の勤務もあります。
シフト制

 

ショートステイの利用が入った場合、月1~2回程度 夜勤があります。
※変形労働時間制を採用し、1週間を平均して40時間以内の範囲で所定労働時間を変更しています。

 

〇給与

基本給:200,000〜250,000円

夜勤手当:支給

調整手当:支給

残業代:別途(月15時間以内)

※規定により経験・能力を考慮し、面談後に決定

 

〇待遇

・賞与

・福利厚生

・社会保険完備

・交通費支給:実費(上限15,000円/月)

 

〇休日休暇 

シフトにより定める(月8~9日)

年間105日以上 

その他、就業規則に定める年末年始休暇・夏季休暇

 

〇採用予定日 

令和2年9月1日

採用前研修等で指定日に勤務いただくことがあります。その場合は、時間給で計算します。

予定日前の採用についても、別途ご相談いただけます。

 

〇応募にあたって

以下の資格が必須です

・社会福祉士

 1年以上、子どもに関わる支援および相談支援の経験がある方。

 

〇選考プロセス

エントリー後、履歴書等の提出についてご連絡いたします。

書類選考、面接

※選考を目的として、ボランティア参加などをお願いする場合があります

 

 

横浜型児童家庭支援センター運営の方針(サードプレイス)

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

【鶴見区にお住まいのひとり親世帯向け食料品提供:6月】活動報告

June 19, 2020

1/10
Please reload

最新記事